人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

コミュニティファーマシーフォーラム

 
第4回 コミュニティファーマシーフォーラム ご報告

「もっとその先へ!コミュニティファーマシー」を開催   【フォーラムの報告】はこちら

7月23日(日)第4回コミュニティファーマシーフォーラムを開催しました。代表理事の吉岡ゆうこから第4回を迎えることができたお礼と、 今回のメインタイトル「もっとその先へコミュニティファーマシー」が告げられました。
特別講演の日本医療政策機構の小野崎耕平氏の話は、保健医療2035を特徴づけるキーワードのひとつ、「自然に健康になれる」まちづくりというのが印象的。基調講演では今後5年ほどで、大きく変わるデータ通信の話から準備が必要と痛感。セントラルアポテーケのアッセンハイマー氏からは、ドイツではより患者の近くへという取組みの具体例が。ランチョンセミナー、兵庫医科大学小児科の服部益治氏より、夜泣きにロイテリ菌が効くという話。ポスター発表は13演題。会員3薬局の健康サポート薬局としてのこれからの取組み等盛りだくさんで有意義でした。
最後に理事の篠原久仁子から今年のフォーラム宣言 「地域を巻き込み、そして積極的に地域に巻き込まれよう」が発せられました。

 

 

第4回 コミュニティファーマシーフォーラム ご案内

「地域を巻き込み、そして地域に巻き込まれよう」とフォーラム宣言してから早1年。皆さんの薬局ではいかがでしょうか。 第4回コミュニティファーマシーフォーラムを、「もっとその先へ!コミュニティファーマシー」をメインテーマに、7月23日(日)開催します。
メインテーマ「もっとその先へ!コミュニティファーマシー」 日時:2017年7月23日(日)10〜17時 場所 秋葉原コンベンションホール
 【参加申込み】  【ご案内チラシ】はこちら

特別講演は、「保健医療2035」提言書の事務局長を勤められた日本医療政策機構理事の小野崎耕平氏に医療改革の展望についてお話いただきます。「保健医療2035提言書」は20年後も働いている平均年齢42.7歳のメンバーによりまとめられたと言います。

基調講演①は、日本薬剤師会副会長の田尻泰典氏にこれから始まる電子処方箋についてお話いただきます。薬局のICTについてもお伺いします。

基調講演②は、ドイツにおいて薬局を開設されているアッセンハイマー慶子氏に、ドイツの国民の90%がかかりつけ医を持っているというドイツのかかりつけ医制度と「患者のための薬局ビジョン」で掲げられている「モノから人へ」の一歩先を進んで機械化が進んでいるドイツの薬局の現状のお話をいただきます。

会員発表は、健康サポート薬局として頑張っている3薬局にお話いただきます。 会員のポスター発表もあります。そしてコミュニティファーマシーを支援する企業の展示ブースもあり、ランチョンセミナーのお弁当の秘策も練っています。多くの方の参加をお待ちしております。

 

 

 

第3回 コミュニティファーマシーフォーラム ご報告

「~ 発信!発進! コミュニティファーマシー ~」を開催  【フォーラムの報告】はこちら

7月24 日(日)東京・秋葉原にて「第3回コミュニティファーマシーフォーラム」が開催されました。テーマは「発信!発進!コミュニティファーマシー」。200名を超える、薬局関係者の他、薬学生、医薬品や食品メーカー、医療関連及び一般紙の新聞社、出版社など多岐にわたる分野の方々が、全国、海外はドイツから集いました。
主催者挨拶では回を重ねるごとに活気を増していることへの謝意、薬局を取り巻く環境が激変しているなか、特別講演、3つの基調講演、薬学生が行うくすり教育劇、およびJACP会員薬局、会員による口演、ポスター発表についての紹介、これらを踏まえて今回のテーマ「発信!発進!コミュニティファーマシー」の趣旨説明がありました。
ドイツのロッテンブルグの街で薬局を経営するアッセンハイマー慶子氏の講演では、ドイツの事例をふまえ「“いきつけ薬局”継続への道」と力強いエールとメッセージ。第3回コミュニティファーマシーフォーラム宣言は、「発信!発進!コミュニティファーマシー 地域を巻き込み、地域に巻き込まれよう!」です。

 

 

 

 

 


 

第3回 コミュニティファーマシーフォーラム ご案内

一般社団法人日本コミュニティファーマシー協会(JACP)は、「本来の薬剤師の職能と薬局の機能に与えられた使命 の下に社会的役割と責任を果たすために、人々の生活圏を舞台とした健全な地域社会づくりに貢献するコミュニティ ファーマシーを創造すること」を目的とし、2013年11月に設立しました。今回、第3回目のコミュニティファーマシー フォーラムを開催します。 メインテーマは「発信! 発信!コミュニティファーマシー」です。
 【参加申込み】  【ご案内チラシ】はこちら

特別講演は、健康サポート薬局のまさに中心におられる厚生労働省の田宮憲一氏にお願いしています。コミュニティ デザイナーの山崎亮氏は、第1回コミュニティファーマシーワークショップのキックオフミーティングに引き続きの登 壇。

人と人をつなぐ手法コミュニティデザインを地域という視点で語ってもらいます。ドイツで開局しているアッセンハ イマー・慶子氏からは、なぜ、ドイツの薬局は2004年の医療大改革を乗り越えられたのか、そして今ドイツで掲げられ たApoteke2030についての最新情報を聞きます。特別講演、基調講演を通じて2035年に向けた日本の薬局の進む べき道の示唆になればと思っています。

会員からは地域で発信していること、発進のためのギアをいれたことなど、口 頭とポスターで発表してもらいます。今回もコミュニティファーマシーを支援する企業の展示ブースあり、そしてラン チョンセミナーのお弁当の秘策も練っています。

 

 

 

第2回 コミュニティファーマシーフォーラム ご報告

「地域包括ケアに参画するコミュニティファーマシー」を開催  【フォーラムの報告】はこちら

 5月24 日(日)東京四谷にて、「第2回コミュニティファーマシーフォーラム」が開催されました。テーマは「地域包括ケアに参画するコミュニティファーマシー」。会場には、120名を超える、薬局経営者、薬剤師の他、薬学生、医薬品や食品メーカー、IT関連業者、医療関連及び一般紙の新聞社、出版社など多岐にわたる分野の方々が、遠くは沖縄県からも集いました。
 はるばるドイツからは、ドイツ薬事博物館館長のエリザベス・フーヴァ氏が駆けつけ、JACP設立1周年の祝賀講演。北里大学薬学部の吉山友二先生の基調講演から、ランチョンセミナーではフローラ薬局の篠原久仁子氏考案の、味も彩りも豊かな「春の五味五色薬膳弁当」を五感で味わいました。  1年間活動を続けてきたJACP。今年はドイツでFIPが開催されることもあり、吉岡ゆうこ氏が「グローバルな視点で考え、そしてそれをぜひ自分たちの地域で実践してください。」と呼びかけ、第2回フォーラムを締めくくりました。

 

 

 

 

 

第2 回 コミュニティファーマシーフォーラム ご案内

2015年5月24日(日)第2回目のコミュニティファーマシーフォーラムを開催します。
メインテーマは「地域包括ケアに参画するコミュニティファーマシー」、2025年にむけて、薬局が地域包括ケアに参画し求め
られる機能を果たせるように、コミュニティファーマシーとして何ができるかを考えていきます。 【参加申込み】  【ご案内チラシ】はこちら

 JACPはドイツ薬事博物館の賛助会員であり、毎年のドイツ薬学視察旅行にて
ドイツ薬事博物館を訪れています。
 今回はJACP設立1周年を記念してドイツ薬事博物館館長フーヴァ女史がるばる来
日、祝賀講演としてドイツにおけるくすり教育などのお話をいただきます。
基調講演は、「薬局の求められる機能とあるべき姿」をまとめられた北里大学薬学部
臨床薬学(保険薬局学)教授の吉山先生のお話です。
 また、ドイツの薬剤師アッセンハイマー慶子氏も前回に引き続き来日し、ドイツの薬
局事情を解説します。
フォーラムでは今回もコミュニティファーマシーを支援する企業の展示ブースもあり、
ランチョンセミナーにおける薬剤師考案のお弁当など、楽しみなメニューが盛りだく
さんです。
 

 


 

第1 回 コミュニティファーマシーフォーラム ご報告

「地域とともに歩む薬局~ドイツと日本における実践~ 」を開催  【フォーラムの報告】はこちら

 2014 年5 月25 日(日)にスクワール麹町(東京・四
谷)で第1 回コミュニティファーマシーフォーラム「地
域とともに歩む薬局~ドイツと日本における実践~
」が開催されました。
 幕開けは、日本の完全医薬分業を求めた活動を
なさっている永井恒司先生(公益財団法人永井記念
薬学国際交流財団理事長)の特別講演。ドイツから
は南独の街で薬局を経営するアッセンハイマー慶
子先生が来日。茨城県で薬局を経営する篠原久仁
子先生(有限会社フローラ 代表取締役)とともに、そ
れぞれの地域での取り組みを紹介しました。
 ランチョンセミナーでは、薬局のセルフメディケー
ション支援ツールとして注目の血糖自己測定(SMBG
)を実施。提示会場では、薬局でできる健康支援の例
としてアロマオイルを使用したハンドケア体験や健
康食品の味見、その他医療機器のお試し、ドイツ薬
局関連製品などを紹介し大いに賑いました。

 

 

 

 

 

第1 回 コミュニティファーマシーフォーラム ご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved