人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 2017年7月23日(日)第4回コミュニティファーマシーフォーラムのご案内

 

「地域を巻き込み、そして地域に巻き込まれよう」とフォーラム宣言してから早1年。皆さんの薬局ではいかがでしょうか。
第4回コミュニティファーマシーフォーラムを、「もっとその先へ!コミュニティファーマシー」をメインテーマに、7月23日(日)開催します。

メインテーマ「もっとその先へ!コミュニティファーマシー」
日時:2017年7月23日(日)10〜17時
場所 秋葉原コンベンションホール


特別講演は、「保健医療2035」提言書の事務局長を勤められた日本医療政策機構理事の小野崎耕平氏に医療改革の展望についてお話いただきます。
「保健医療2035提言書」は20年後も働いている平均年齢42.7歳のメンバーによりまとめられたと言います。
基調講演①は、日本薬剤師会副会長の田尻泰典氏にこれから始まる電子処方箋についてお話いただきます。薬局のICTについてもお伺いします。
基調講演②は、ドイツにおいて薬局を開設されているアッセンハイマー慶子氏に、ドイツの国民の90%がかかりつけ医を持っているというドイツのかかりつけ医制度と「患者のための薬局ビジョン」で掲げられている「モノから人へ」の一歩先を進んで機械化が進んでいるドイツの薬局の現状のお話をいただきます。
会員発表は、健康サポート薬局として頑張っている3薬局にお話いただきます。
会員のポスター発表もあります。そしてコミュニティファーマシーを支援する企業の展示ブースもあり、ランチョンセミナーのお弁当の秘策も練っています。多くの方の参加をお待ちしております。

詳しい案内はこちら

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved