人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 2018年7月22日(日)第5回コミュニティファーマシーフォーラムのご案内

 

明治維新150年、今薬局変革の時 
  ~地域とつながる&AIと夢見る未来へ~ 

 

日時:2018年7月22日(日)10時~18時 
場所:秋葉原コンベンションホール 
   東京都千代田区外神田1-18-33秋葉原ダイビル 
参加費:JACP会員10000円  一般20000円 
    JACP学生会員2000円 一般学生4000円 
情報交換会費:5000円 
定員:200名(定員になり次第締め切らせていただきます) 


演者が公の人が多く、ご案内が遅くなりましたが、今現在の所をご案内致します。昨年のフォーラムで「保健医療2035」の事務局長を務めた小野崎氏にお話いただきましたが、特別講演1では、その実践を進めている福岡市の担当部署の方に「福岡100~健康寿命100年時代の健康社会モデルを作る100のアクションについて~」、基調講演1では、昨年スマート・ライフ・プロジェクトの健康寿命をのばそう!アワードで厚生労働大臣優秀賞を受賞した株式会社ミズの入部恭一氏に「地域行政と健康つくりの取組について」、今年株式会社ミズは佐賀市と連携協定を結ばれております。 
そして特別講演2では経済産業省の方に「今後のICT化とAIの未来について」、基調講演2では、ドイツのアッセンハイマー慶子氏に「ドイツのアウトリーチ型の取組について」お話いただきます。その他企業・大学発表や会員のポスター発表も予定しており、盛りだくさんの内容になっております。 
多くの方に参加して欲しい内容です。 お申込みのほどお待ちしております。 

特別講演�  
福岡100~健康寿命100年時代の健康社会モデルを作る100のアクションについて~ 
     福岡市福祉部の方 
基調講演� 地域行政と健康つくりの取組について 
     株式会社ミズ常務取締役 入部恭一 
特別講演� 今後のICT化とAIの未来について 
     経済産業省の方

基調講演� ドイツの薬局のアウトリート型の取組 
     アッセンハイマー慶子  


企業・大学発表 
 ①新しい医療インフラとなるオンライン診療の現状と展望 
  株式会社インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役社長 園田 愛 
 ②「ドイツ調剤機器に見る効率化へのアプローチ」 
  株式会社トレジャー代表取締役 半田 真澄 
 ③「人工知能技術の現状と薬局業務支援への応用可能性」 
 埼玉大学大学院理工学研究科数理電子情報部門/工学部情報システム工学科 小室 孝 
 ④「DNPのモニタリング技術で実現される服薬管理と多職種連携」 
 大日本印刷株式会社包装事業部メディカル・ヘルスケア本部 今井涼介 
 ⑤健康に関して無関心な人を動かすには? 
  ~健康管理アプリ グッピーヘルスケア~ 
  株式会社グッピーズ ヘルスケアチーム リーダー 寺田 沙也香 

 

開催ポスターはこちら

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved