人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 2018年6月3日(日)第2回目、健康サポート薬局経営塾&CP研究会合同研修会のご案内

 

 

 

2018年6月3日(日)第2回目、健康サポート薬局経営塾&CP研究会合同研修会のご案内 

 

第2回目はフローラ薬局で健康サポート薬局の体験講座を開催します。 
6月のカモミールやラベンダーの花咲く季節のいい時期を選びました 
11時水戸プラザホテル集合です。 

 

フローラ薬局篠原さんより 
今回の調剤報酬改定で明確になったのは、「モノから人へ」「門前からかかつけ」、そして行きつけとして選ばれる薬局づくり。ただ待つだけでなく、積極的な地域活動の実践により、魅力の発信が大切かと思います。 

 

フローラ薬局が21年前に、ほとんど医薬分業が進んでいない時期に、田舎の田園地域に開業し、わざわざ足を運んでくれる地域の薬局になったのは、当初から薬局に隣接したハーブ園の薬草・ハーブを使った薬膳教室がきっかけでした。 
今では、それらの地道な健康講座が、健康サポート薬局に認められ、地域の自治体やカルチャーセンターとの健康講座やホテルやレストランでの薬膳料理監修など、地域とのつながりで薬局の活動を展開しています。  

 

今回は、定期的に行っているホテルの中国料理レストランでの薬膳料理を講座付きでご紹介します。西太后の薬膳茶に、本格的な十全大補湯の薬膳スープや金針菜入りのフカヒレ、緑豆とハトムギの薬膳粥、バジルシード入りデザートなど、初夏の美食薬膳フルコースを楽しみます。 
午後からは、ドライブスルー型の健康サポート薬局であるフローラ薬局河和田店に移動して、薬膳レシピやハーブティーも販売している店舗を見学します。パッチテストを活用した化粧品の適合検査による皮膚相談の実践を学べます。 
その後、バラやカモミールの咲くフローラ薬局ハーブ園に移動し、フレッシュハーブティー、ハーブジャムやハーブドリンクを楽しみます。 
最後は、無菌調剤室や検体測定室、在宅医療対応をしているフローラ薬局友部店を見学します。検体測定室の実際も見学できます。 
帰りは特急の止まる常磐線友部駅にお送りします。(5時2分発の特急に乗ると約1時間で上野、東京に着きます。) 

 

ハーブ園や薬膳はすぐには取り入れられませんが、地域と密着したフローラ薬局の取組を見ていただきたいです。 
まだ10名ほど申込可能です。どうぞよろしくお願い致します。 

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved