人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 2019年7月13日(土)18時から2019夏・関西CPセミナーを太閤園(大阪都島)で開催します。

 

最初に代表理事の吉岡ゆうこ氏より、薬機法改正により新しく地域連携薬局と専門医療機関連携薬局の認定が始まりますが、その認定を受けるために準備しなければならないこと、それから非薬剤師の調剤が認められましたが、可能な調剤とは、そのために準備することなどのお話をします。 

第6回コミュニティファーマシーフォーラムのためドイツから来日されるJACP理事のアッセンハイマ-慶子氏には、東京のフォーラムと同じ題名「ドイツにおける医薬分業とは」のお話をしていただきます。 

「モノから人へ」がさらに進む日本において、ドイツの状況をお話しいただき、「患者にメリットとなる医薬分業にしていくためには」を皆さんと一緒に考えていきます。懇談会付きのセミナーになります。アッセンハイマー氏に質問をしながらの懇談にしていきましょう。 

テーマ:薬機法改正と新しい時代のコミュニティファーマシー 
日 時:2019年7月13日(土)18:00~20:00 
場 所:太閤園(大阪市都島区網島9-10) 
参加費(セミナー・夕食会込);会員10,000 非会員15,000円 

内 容:「薬機法改正と今後のコミュニティファーマシーについて」 
      JACP代表理事 吉岡ゆうこ 

    「ドイツにおける医薬分業とは」 
      JACP理事 セントラルアポテーケ開設者 アッセンハイマー・慶子 

 

詳しくはこちら

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved