人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 2019年9月29日(日)第1回薬局団体連絡協議会シンポジウム開催のお知らせ

 

*おかげさまで満席となりました。

今回、日本コミュニティファーマシー協会と保険薬局経営者連合会と次世代薬局研究会2025の3団体が一緒になって、「国民のための薬局のあり方シンポジウム~連携~」を開催します。JACPの第6回コミュニティファーマシーフォーラムでも会員の皆様に横のつながり「連携」を求めました。 
国民側としてCOMLの山口氏、支払側として健保連の幸野氏にきついお話を伺います。そして一緒になって「国民のための薬局のあり方とは」をディスカッションして参ります。ぜひ、多くのJACP会員にも参加してほしいです。 

 

日   時:2019年9月29日(日)12:30~17:00 
場   所:品川プリンスホテルメインタワー 
参加費:8000円(懇親会費込) 5000円(シンポジウムのみ参加)

主 催 薬局団体連絡協議会 

申込み:直接 FAX044-330-1772にお願いいたします。  

内 容 
 開  会   大会長挨拶・趣旨説明 一般社団法人保険薬局経営者連合会代表  山村真一 


 基調講演①  薬局が瀬戸際を乗り越え患者に必要とされるためには 
         認定特定非営利活動法人 ささえあい医療人権センターCOML理事長 山口育子 


 基調講演②  医薬分業“”失われた40年”からの脱却! 
         健康保険組合連合会理事 幸野 庄司 


 シンポジウム 国民のための薬局のあり方とは 
         次世代薬局研究会2025 代表 藤田道男 
                       日本コミュニティファーマシー協会 代表 吉岡ゆうこ 
         保険薬局経営者連合会 代表 山村真一 
         薬剤師あゆみの会 代表 狭間研至 
 
          ささえあい医療人権センターCOML理事長 山口育子 
        健康保険組合連合会理事 幸野 庄司 
        厚生労働省保健局医療課薬剤管理官 田宮憲一 

 閉  会  共同宣言・閉会挨拶 次世代薬局研究会2025代表 藤田道男 



懇親会17時~18:30品川プリンスホテルメインタワー 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved