人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-3350-0735

■ 「ドイツ薬学視察旅行2014・冬」のご報告

 

2014年12月1日(月)〜6日(土)の4泊6日で、ドイツ薬学視察旅行に行ってきました。ドイツの各都市はクリスマスマーケットで賑わっていましたが、今回の冬ドイツは思ったほど寒くなく夜の街を楽しむことが出来ました。

クリスマスマーケットの開催期間はクリスマス前の約4週間、 “アドベント”と呼ばれる期間です。アドベントはドイツ語で「到来」という意味。クリスマスの4週間前の日曜日(毎年11月末〜12月初めの日曜日)から始まる週を第1アドベント、その次の週を第2、さらに次の週を第3、そしてクリスマス直前の週を第4アドベントと数え、街の人々はイエス・キリストの到来をお祝いするクリスマスの準備をしながら過ごします。

今回は、第1アドベントの週に、ドイツ三大クリスマスマーケットのうちの2都市(シュトゥットガルト、ニュルンベルク)を見てきました。もう1つの都市はドレスデンです。その他、ハイデルベルクとロッテンブルクを訪ねました。この時期の薬局のディスプレイは見どころのひとつです。各薬局凝ったディスプレイで街行く人の目を楽しませていました。クリスマスプレゼントとして血圧計や化粧品がラッピングされていました。

写真のピラミッド型の風車、ドイツのクリスマスマーケットのシンボルです。エールツ地方の特産品ということで、エールツ・ゲビルゲ・ピラミッドと呼ばれています。

今回のツアーへの参加目的は各人いろいろありますが、この時期ならではの目的が、薬局で飾るクリスマスグッズの買い物です。そのためこのツアーは第1アドベントの時期に企画しました。いつもドイツツアーでは最後に荷物のことで大変になるのですが、今回はドイツケルンに本社があるRIMOWAのスーツケースを買い求め、2個のスーツケースに目一杯買い物をされた方が何人もおられました。きっと帰国後、薬局を素敵に飾られたのだろうと思います。最後の写真は、フランクフルト空港内でのきれいな天使との4ショットです。

 

次は6月の「ドイツ薬局の日」訪問を企画しています。皆様の参加をお待ちしております。

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved