人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-5759-1724

■ 【受付中】2021年1月17日(日)第6期CP研究会第3回目「薬局で取り組むがんの薬物療法と副作用対策、医療機関との連携」のご案内

 

第6期CP研究会題3回目(9月)はコロナ禍で延期をしておりましたが、Zoomによるオンライン配信研究会へと変更します。 時間も日曜日の朝に行います。

JACP会員で参加希望の方へ会費:3000円での配信となります。

会員以外の方で参加ご希望の場合は、この機会にぜひご入会ください。  →入会案内、入会申込はこちら

 

今回は関西電力病院薬剤部の眞継賢一先生にお願いしております。眞継先生は「抗がん薬おさらい帳」(じほう)の著者のひとりです。
抗がん薬に関する本はとっつきにくいものが多いのですが、この本は抗がん薬の処方箋を調剤したことがない薬剤師でもわかりやすく書かれており、薬局薬剤師にはバイブルのような本になっています。今回の講演では、いくつかの症例を通してがん化学療法についておさらいし、薬剤師の視点だけではなくがん患者さんに関わる職種の視点についても整理していきます。また病院から保険薬局への切れ目のない薬物療法実現のための関西電力病院の取り組みについても紹介します。


■日 時 / 2021年1月17日(日)9時30分~12時45分
■場 所 / Zoom によるオンライン配信 
■定 員 / 80名(定員になり次第締め切らせていただきます) 
■対 象 / JACP会員のみ  入会案内、入会申込はこちら
■受講料 / JACP会員:3,000円 
■主 催 / 一般社団法人 日本コミュニティファーマシー協会(JACP) 


<薬局で取り組むがんの薬物療法と副作用対策、医療機関との連携> 

 

ヒューマニズムのあるチーム医療に向けて取り組んでいること(がん)
関西電力病院薬剤部 眞継賢一 

薬剤師研修センター認定単位2単位申請中

 

詳しい内容はこちら 

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved