人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-23
TEL:03–6303-9181  FAX:03-5759-1724

■ 【終了】2021年6月19日(土)第7期CP研究会 第4回目「ドイツの薬局の構造・機能的部分&緊急避妊薬(OTC)販売6年を迎えて]のご案内

 

コロナ禍のため、昨年、今年とドイツ薬学視察旅行にいけていません。ドイツに行けない代わりにドイツよりドイツの薬局の構造・機能について、ドイツで薬局を開設されているアッセンハイマー慶子氏から教えてもらいます。
ドイツの薬局はどの薬局も、日本の健康サポート薬局の機能が標準装備されています。
ドイツへは2003年から視察に行き、多くのJACP会員が参加しています。そしてその輪が広がり、今の健康サポート薬局につながっています。ドイツ薬学視察旅行は、「百聞は一見にしかず」という言葉とおりですが、Zoomという機能を用い、日本にいながらドイツの薬局の構造・機能を学ぶことができます。
さらにコロナ禍で、電子処方箋の発行も加速され、また、コロナの予防接種(薬剤師は接種はできませんが、クリニックが接種を行うためのワクチンの供給)を担っています。それからもうひとつドイツでは6年前に緊急避妊薬がOTC化され、薬局で販売しています。これは簡単にお話しいただきます。別途このテーマでのお話の機会をつくります。
ドイツの薬局のことを生で聞けます。多くの薬剤師の参加をお待ちしております。

 

ドイツの薬局の構造・機能的部分&緊急避妊薬(OTC)販売6年を迎えて

セントラルファーマシー開設者 アッセンハイマー慶子(ドイツ在住)
 
■日 時 / 2021年6月19日(土)19時30分~21時

 

■場 所 / Zoom によるオンライン配信

 

■申し込み締切り/ 2021年6月17日(木)
     定員はありませんが申し込み締め切り日は設けます。
     6月13日(日)までに申込みの方には講演資料をヤマトのDM便でお送りします。
     それ以降のお申込の方は、当日までに講演資料がお手元に届かない可能性がございます。ご了承ください。
     しかしながらお申込みの方には全員講演資料を送付いたします。
 
    *当日参加が難しい方には録画したものを配信いたします。

 
■対 象 / JACP会員
      一般参加
(薬剤師、薬学生、薬局関係者)


■受講料 / JACP会員 無料、 →JACP会員 参加申し込みはこちらから

     一般 : 3,000円   →一般参加申し込みはこちらから(JACP会員以外の方)


     *現在、会員ではない方はJACP会員にご入会いただきますとこの研修会から会員特典にてご参加可能です。 →ご入会案内、会員特典はこちら


■主 催 / 一般社団法人 日本コミュニティファーマシー協会(JACP)
■薬剤師研修センター認定単位1単位

 

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved