人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-23
TEL:03–6303-9181  FAX:03-5759-1724

■ 2021年10月16日(土)19時半〜第7期CP研究会第6回目「今後の薬局のあるべき姿&薬剤師の質を高める」のご案内

 

今後の薬局のあるべき姿&薬剤師の質を高める〜人事評価制度と絡めて〜
日本調剤株式会社常務取締役 深井克彦

 

日本調剤のお話ではなく、深井氏が病院薬剤師から日本調剤に入られ歩んでこられた薬剤師道のなかで、今後の薬局のありかたと薬剤師の教育研修のことなどを語ってもらいます。分業率8%から70%になる30年ほどの医療、薬局、医療保険、病院の変遷の「まとめ」をお話くださいます。
薬剤師としては、日本における医薬分業の歴史を知った上で、次に来るオンライン資格確認、オンライン服薬指導、電子処方箋に切り替わった時の対応など、DX(デジタル・トランスフォーメーション)薬剤師になる準備が必要です。
 経営者にとっては、数値の見える化を導入し、「モチベーションをあげる指標」、「人材育成のための教育体制」、「それを伝える理念」の三位一体が揃った人事評価が必要というお話をしてくださいます。
今後、薬局が全て残っていけるのか、薬剤師の働く場所が全て今のままかなど、深井氏に未来予測をしてもらいながら、皆さん「準備」をしてきましょう。いつもJACPでは「準備」が必要と言っています。「未来を予測して準備をする」その一助になれば幸いです。
 
 
今回の研究会は、賛助会員・薬局会員の薬局勤務者であり、かつ会員以外の方の参加費1500円を設けております。
会員番号もしくは会社名を記入してお申し込みください。
後日、ビデオでの提供もいたしますので、薬局の研修としての活用もご検討ください。
ご要望がありましたら、CP研究会終了後に会社宛に請求書をお送りすることもできます。

 

 
■日 時 / 2021年10月16日(土)19時30分~21時

 

■場 所 / Zoom によるオンライン配信

 

■申し込み締切り/ 2021年10月14日(木)
     定員はありませんが申し込み締め切り日は設けます。
     10月8日(金)までに申込みの方には講演資料をヤマトのDM便でお送りします。
     それ以降のお申込の方は、当日までに講演資料がお手元に届かない可能性がございます。ご了承ください。
     しかしながらお申込みの方には全員講演資料を送付いたします。
 
    *当日参加が難しい方には録画したものを配信いたします。

 
■対 象 / JACP会員
賛助会員・薬局会員企業にお勤めの方(薬剤師、薬局関係者)
      一般参加(薬剤師、薬学生、薬局関係者)

   


■受講料 / JACP会員 無料、 →JACP会員 参加申し込みはこちらから

     一般 : 3,000円  →一般参加申し込みはこちらから(JACP会員以外の方)

     JACP賛助会員・薬局会員の薬局に勤務の薬剤師:1,500円 →JACP賛助会員・薬局会員の薬局に勤務の薬剤師 参加申込はこちらから


     *現在、会員ではない方はJACP会員にご入会いただきますとこの研修会から会員特典にてご参加可能です。 →ご入会案内、会員特典はこちら


■主 催 / 一般社団法人 日本コミュニティファーマシー協会(JACP)

■薬剤師研修センター認定単位1単位(JACP)

 


 

 

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved