人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-23
TEL:03–6303-9181  FAX:03-5759-1724

■ JACPメールマガジン:カナダ薬剤師会雑誌2021/1

 

 

山村 重雄  城西国際大学薬学部臨床統計学研究室教授。        
東邦大学薬学部卒、博士(薬学)千葉大学、FI Pフェロー。    
Canadian Pharmacists Journal 国際編集委員。       
   アジア薬剤師会連合(FAPA)副会長。           

 

 

 

「Canadian Phmarmacist Journal」(CPJ)はカナダの薬剤師会が隔月に発行している雑誌で、カナダの薬剤師のオピニオンリーダーの役割を果たしています。
CPJの編集長は、アルバータ大学のRoss Tsuyuki先生(ご存じの方も多いと思います)が勤めています。
Tsuyuki先生は日系の三世であることも関係して大変な日本びいきであり、何度も来日しています。
その都度、カナダの薬剤師の職能の拡大について熱く語り、日本の薬剤師の職能拡大に協力したいという意向を持っています。
私とTsuyuki先生のおつきあいは2000年に奥様のMargaret Ackman先生(アルバータ大学の薬学部の教員)といっしょに大学院の講師としてお呼びしたところから始まります。
そのような関係から現在、CPJの国際編集委員を務めています。
私は以前からCPJの内容を日本の薬剤師の皆様に紹介したいと思っていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。
今回、ようやく日本コミュニティファーマシー協会を通じてTsuyuki先生と出版社からCPJの日本語版を公開する了解を得ることができました。
現在のところ、目次だけの掲載ですが、近いうちに内容についてもコメントしていきたいと思います。
もし、内容を読んでみたいという方がいらっしゃいましたら日本コミュティーファーマシー協会までご連絡頂ければコピーを提供することが可能ですのでお申し出ください。
なお、CPJは北米で最も歴史ある(発行年度が古い)専門雑誌としても知られています。
 
 
 

 
Canadian Pharmacists Journal Volume 154 Issue 1, January/February 2021
https://journals.sagepub.com/toc/cphc/154/1 (ここでアブストラクトが参照できます)
 

編集部から
プロアクティブな実務
Ross T Tsuyuki

プロアクティブ:形容詞。人、行動、方針などのうち、出来事や問題が起きてからそれに対応するのではなく、率先して先回りして状況を作り出したり、コントロールしたりすること、(それゆえ、より一般的には)革新的で、物事を実現する傾向があること。

例:XYさんは、メトホルミン500mg、1日2回の最初のリフィルを受け取りに来ました。薬剤師は、彼が再処方の決められた時間通りに来たことを記録した後、患者に "調子はどうですか?"と尋ねました。Mr.XYが「問題ありません。ありがとう」と答えると、薬剤師はリフィル処方を調剤します。薬局は一連の取引(処方箋調剤)のために進化してきました。患者が処方箋を持ってやってくる。処方箋が調剤される。薬の使い方や副作用についてのカウンセリングを受ける。これで一連の取引は終了です。しかし、現代の薬局は、それだけで十分ではありません。

話を戻しましょう。このやりとりで、薬剤師は患者さんからの依頼を処理し、何も問題はありませんでした。しかし、何かが足りません。メトホルミンの投与量は適切だったか?患者さんに副作用はなかったか?A1cはいくつだったのか?患者は糖尿病なので、食事療法は行われているか?血圧はどうか?コレステロールは?このようなホリスティックな(包括的な)ケアは、XYさんのような患者が必要としているものですが、必ずしも求めているとは限りません。私たちの問題は、薬剤師が受動的な医療提供者になることです。私たち薬剤師は、患者さんのニーズを把握するために積極的に行動するのではなく、誰かに何かを求められるのを待つ傾向があります。薬剤師が黙っているとは言いませんが、多くの健康問題はそのような受動的なアプローチにはあまり適していません。例えば、以下のようなものです。

- 高血圧症。ほとんど無症状の病気なので、自分が罹患していることを知らない人が多く、知っていてもコントロールできているかどうかはわかりません。あなたに助けを求めることもできないでしょう。
- 脂質異常症。同上
- 糖尿病 同上
- 気管支喘息 多くの患者がコントロール不良となっています。症状を「病気」として、逆に症状を"病気 "として受け入れるかもしれません。あるいは、喘息と思っている患者の大部分(約半数)は、そうではありません。
- 慢性閉塞性肺疾患。同上
- 関節炎 多くの患者さんは、管理が不十分です。関節リウマチの患者さんには、疾患修飾薬が投与されないことがあります。加えて、すべての関節炎患者さんは心血管リスクが高いのですが、これも通常は無視されます。
- ワクチン接種。多くの患者さんはインフルエンザワクチンの接種を求めますが、帯状疱疹ワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種を受ける必要性を知らない糖尿病の患者さんはどうでしょうか?
- オピオイド。多くの患者さんは、自宅で使用できるナロキソンキットを知らなかったり、オピオイドによる呼吸抑制のリスクがあることを知らなかったりします。また、オピオイドの使用に対する誤解が、患者さんがあなたに尋ねることを妨げている場合もあります。
- うつ病。患者さんが自分の症状をうつ病と認識していない場合があります。この場合も、誤解は患者さんが助けを求める際の障害となります。
- 処方解除。患者さんの中には、薬の量を減らしたいと相談する人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は、自分が使っている薬の中に不要なものがあることを知りません。

このパターンは、患者さんが問題を認識していないか、薬剤師に聞くのを恐れていることを示しています。患者さんから頼まれて初めて行動するという受動的なアプローチでは、多くの患者さんの問題を見逃すことになります。これでは、不完全な患者ケアになってしまいます。受け身でいると、自分の可能性を発揮することができず、患者さんを逃してしまいます。

プロアクティブな診療モデルでは、患者さんのニーズを見極めるために、ケースファインディングや体系的な評価アプローチを用います。ワークフローモデルの中には、訪問の最初に薬剤師が前面に出て患者を評価するものもあります(本誌で近日中に報告します)。時代に即したサービスを提供し、ケアの義務を果たし、アマゾン化に対抗するために、薬局業務はこのような方向に進まなければなりません。

 

 

 
 
 
意見
編集部から
▪️積極的な実務 Ross T. Tsuyuki
撤回
▪️母乳で育った乳児における母親のコデイン摂取の危険性。
 Canadian Pharmacists Journal誌とCanadian Family Physician誌による撤回の共同声明
 Ross T. Tsuyuki, Nicholas Pimlott
解説
▪️COVID-19の中でのインフルエンザの予防接種。オーストラリアでの経験 Sherilyn K.D. Houle
 
 
 
各部門から
COVID-19への注目
▪️最前線で活躍する薬剤師 Lisa Blair
CPhAからの連絡
▪️Christina Tulkの紹介
▪️カナダ国内の最新情報
 
 
研究と臨床
診療ガイドライン
▪️薬剤師のための高血圧症カナダの2020年高血圧症ガイドライン;最新情報
 Kaitlyn E. Watson, Yazid N. Al Hamarneh, Doreen Rabi, Stella S. Daskalopoulou, Ross T. Tsuyuki
診療ツール
▪️COVID-19における恐怖と不安を軽減する実用的なツールの紹介
 Anna Taddio, Lucie Bucci, C. Meghan McMurtry, Noni MacDonald, Melanie Badali
▪️薬剤師のための段階的なアプローチ
 2型糖尿病および動脈硬化性心血管疾患患者における新規抗血糖剤による心血管リスクの低減
 Logan Underwood, William Semchuk, Lori Albers
オリジナル研究
▪️リレーショナル・プロフェッショナル・アイデンティティ。
 薬学生は他者との関係の中で自分をどのように見ているのか?
 Alexandra Neubert, Jamie Kellar, Daniel Miller, Kulamakan (Mahan) Kulasegaram, Elise Paradis
▪️ブルームプログラムの申請プロセスにおける薬剤師の経験
 Andrea L. Murphy, Lisa M. Jacobs, David M. Gardner
▪️カナダの薬学部におけるセルフケア教育。カリキュラム調査結果
 Nardine Nakhla, Emily Black, Hiba Abdul-Fattah, Jeff Taylor
© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved