人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-23
TEL:03–6303-9181  FAX:03-5759-1724

■ JACPメールマガジン:カナダ薬剤師会雑誌2021/2

 

 

 

 

 
 

Canadian Pharmacists Journal Volume 154 Issue 2, March/April 2021
https://journals.sagepub.com/toc/cphc/154/2 (ここでアブストラクトが参照できます)
 

編集部から
薬剤師は間違った情報に対抗しなければならない! Kaitlyn E. Watson, Ross T. Tsuyuki
(一部抜粋)


COVID-19のパンデミックが健康における不平等を明らかにしたのと同様に、健康に関する誤った情報という現象も浮き彫りになりました。健康に関する誤った情報とは、科学的なコンセンサスに反して、健康に関する事実を誤って主張することと定義されます。オンラインで健康情報を求めている人の80%は、健康に関する誤報と事実を区別する方法を知らないと言われています。COVID-19のパンデミックは、このパンデミックを取り巻く「インフォデミック」の中で、正確な公衆衛生メッセージを提供するという、医療システムにとってユニークな課題をもたらしました。世界保健機関(WHO)は、「流行時に起こる、正確なものもそうでないものも含めた情報の氾濫」と定義しています。情報が氾濫すると、政府や公衆衛生の対応に混乱が生じ、最終的には不信感を抱くことになる」と定義しています。これに加えて、政治家や科学全般への信頼の低下、陰謀論の横行、今回のパンデミックで多くの人が孤立していることなどが相まって、誤報や偽情報が発生しやすい状況となっており、公衆衛生にとって深刻な脅威となっています。別の言い方をすれば、反マスク派やCOVID19否定派が何人いても、無実の人を感染させることはできません。

 

薬剤師として、私たちには、特に薬にまつわる健康上の誤った情報を払拭するために声を上げる責任があります。沈黙を守り、人々が自分で解決するのを待つ方が簡単かもしれませんが、間違った情報を払拭し、健康情報について積極的に人々を教育することは、薬剤師として、また医療従事者としての義務です。COVID-19パンデミックの際に浮上した誤った情報の典型的な例は、COVID-19の治療にヒドロキシクロロキンを使用するというものでした。薬剤師としては、この薬の使用を正当化する裏付けのない証拠(重篤な副作用の可能性は言うまでもありません)に従って、ただ処方箋を出すことは容易だったかもしれませんが、私たちは、正確で証拠に基づいた薬の情報を求めている患者さん、同僚、そして社会に対して不利益をもたらすことになります。繰り返しになりますが、私たちは健康情報に関して受動的であってはなりません。

 

私たちには、誤った情報を報告し、その拡散を阻止する責任があります。WHOは、さまざまなソーシャルメディアのプラットフォームについて、誤報を報告する方法をまとめています。しかし、私たちは、薬剤師が健康情報の良き管理者となり、誤った情報との戦いという重要な役割に積極的に参加することを求めたいとおもいます。COVID19のワクチンが利用できるようになった今、予想通り、ワクチンの誤報が横行しています。薬剤師が自ら予防接種を行うかどうかに関わらず、私たちはワクチンや健康に関する誤った情報に対処しなければなりません。特に、COVID-19のパンデミックという情報が一般市民や患者に不安をもたらしているあいだはそうです。薬剤師ができる最初のステップは、COVID-19ワクチンに関して現在流布している神話(正しいと信じられている誤った情報)について自分自身を教育し、患者さんや同僚、社会に対して積極的に対処することです。薬学5in5チームは、薬学とCOVID-19ワクチンに関連する神話を打ち破るための資料を作成し、mRNAワクチンについての記録を整理しました。この件については、今後数ヶ月のうちに本誌で紹介する予定です。

 

 

 

 
意見
編集部から
▪️薬剤師は間違った情報に対抗しなければならない!  Kaitlyn E. Watson, Ross T. Tsuyuki
解説
▪️アトピー性皮膚炎における副腎皮質ステロイド外用薬恐怖症への対応。薬剤師の役割
 Matthew Ladda, Philip Doiron
▪️気候変動における薬剤師の役割。行動への呼びかけ Caitlin Roy
 
各部門から
CphAからの連絡 
▪️薬局は準備ができている。カナダの薬剤師とCOVID-19ワクチン
▪️カナダ国内の最新情報
薬学の歴史
▪️Tommy Ricketts, VC:ニューファウンドランド・ラブラドール州の戦争の英雄、薬剤師 C. W. Gran
 
研究と臨床
実務(短報)
▪️薬剤師主導の内科外来コンサルテーションサービスの展開
 Ricky D. Turgeon, Nilu Partovi, Karen Dahri, Laura Kuyper, Charles Au
研究(短報)
▪️アルバータ州の農村部でのMed Wiseプログラムの実施。高齢者支援のための実現可能性調査
 Heba A. T. Aref, Linda Kolewaski, Kyle Y. Whitfield, Cheryl A. Sadowski, Lisa M. Guirguis
研究概要
▪️薬局実務研究への地域固有の方法論の導入 Jaris Swidrovich
オリジナル研究
▪️長期療養施設における尿路感染症に対する抗菌薬スチュワードシップ介入の実施における障害と促進要因
 April J. Chan, Denis O’Donnell, Benjamin Kaasa, Annalise Mathers, Alexandra Papaioannou, Kevin
▪️Brazil, Nicoleta Paraschiv, Mark Goldstein, Cheryl A. Sadowski, Lisa Dolovich
▪️注意欠陥・多動性障害の治療法に関する薬剤師の知識・経験・認識
 Terence Yuen, Hantao Zhang, Robert P. Bonin
▪️患者と地域薬剤師の信頼関係の心理を理解する
 Paul A. M. Gregory, Zubin Austin
 
 
 

 
© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved