人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒153-0063  東京都目黒区目黒1-6-23
TEL:03–6303-9181  FAX:03-5759-1724

■ 「第8回コミュニティファーマシーフォーラムWEB」後援団体会員のお申し込み

 

今年のコミュニティファーマシーフォーラムは、栄養に焦点を当てています。
 メインテーマは「薬剤師と栄養士がタッグを組む新たな薬局業界の未来〜ヘルスケア・デザイン〜」

 

薬局は病気にかかったときの調剤業務を行うだけではなく、その病気を予防する、健康を維持することにも貢献できると考えています。
生活から患者をみる地域密着型の薬局は、薬剤師の服薬指導に加えて、管理栄養士が食事のアドバイスを行う。
『尿から栄養の過不足が分かるパーソナル検査』など、科学的なエビデンスを応用し、薬剤師と管理栄養士がタッグを組んで、新たな薬局業界の未来、ヘルスケア・デザインをする。そんな未来を考えています。

メインテーマ  薬剤師と栄養士がタッグを組む新たな薬局業界の未来〜ヘルスケア・デザイン〜


 

特 別 講 演  ヘルスケア・デザイン. 日本の医療が抱える課題と今後の医療政策
       池田 俊也 国際医療福祉大学 医学部 公衆衛生学教授

 

基調講演①  尿から栄養の過不足が分かるパーソナル検査
       美濃部慎也 株式会社ユカシカド 代表取締役社長


基調講演②  『EBNに基づく栄養情報の評価方法』
        児林聡美 HERS M&S 代表

 

会 員 報 告  薬剤師と栄養士がタッグを組んで生活者支援
       株式会社フォーラル(東京)/アポクリート株式会社(東京)/株式会社杏林堂薬局

 

 

ノーベルファーマ株式会社アドバンスドセミナー 亜鉛の生理と病理
      大村健二 上尾中央総合病院 外科診療顧問 〜栄養サポートセンター センター長兼腫瘍内科診療顧問

 

■日   時 / 2021年8月29日(日)13時〜17時
■場   所 / Zoom によるオンライン配信
■申し込み締切り/ 2021年8月20日(金)
■対   象 / JACP会員 一般参加 (薬剤師、薬学生、薬局関係者)
■参加費 / 後援団体所属の会員様 3000円
 

*現在、会員ではない方はJACP会員にご入会いただきますとこの研修会から会員特典にてご参加可能です。 → ご入会案内、会員特典はこちら

薬剤師研修センター認定単位2単位申請中

 


第8回 コミュニティファーマシーフォーラムのお申し込みはこちらから

お申し込みはこちらから  

  

保険薬局経営者連合会、次世代薬局研究会2025、地域医療薬学研究会、スマートヘルスケア協会
日本薬剤師会、北海道薬剤師会、秋田県薬剤師会、山形県薬剤師会、宮城県薬剤師会
長野県薬剤師会、新潟県薬剤師会、福島県薬剤師会、群馬県薬剤師会、栃木県薬剤師会、
千葉県薬剤師会、東京都薬剤師会、埼玉県薬剤師会、愛知県薬剤師会、大阪府薬剤師会、
京都府薬剤師会、高知県薬剤師会、香川県薬剤師会、福岡県薬剤師会、長崎県薬剤師会、
大分県薬剤師会、宮崎県薬剤師会、沖縄県薬剤師会

ご入会いただきますと、フォーラム参加費も会員料金が適用となります。

フォーラム以外にも1年を通して薬剤師研修として認定のCP研究会や薬局セミナーへの参加など特典後ございます。


フォーラムポスターはこちら ↓(クリックするとPDFでダウンロードできます)

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved