人々の生活圏を舞台にした健全な地域社会づくりに貢献する薬局、コミュニティファーマシーを創造する
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-3 望月ビル3F
TEL:03-3354-0288  FAX:03-5759-1724

2020年8月30日(日)第7回コミュニティフォーラムをWEBで開催します。

新型コロナ感染症の拡大防止のため、第7回コミュニティファーマシーフォーラムはリアルでの開催をやむなく中止にし、新たなテーマ 「# コロナに負けるな!」にて WEB 開催いたします。新しい生活様式(ニューノーマル)を模索しながらの開催となります。

 

第1部では、新型コロナウイルス感染症に立ち向かってきた各国薬剤師たちに、どのような感染防御策を取り、患者対応に努めてきたのか、そして今後の With コロナ時代(コロナとどうつきあっていくのか)の薬局の対応を語っていただきます。
フィリピンYolanda Robles(フィリピン薬剤師会会長)、台湾Hsuan Lee(Tri-medical Pharmacy)、ドイツアッセンハイマー慶子(JACP理事)、日本岡田浩(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)(いち早く 「COVID-19 薬局で働く皆様へ コロナウイルス対策に役立つ情報まとめ」のホームページを立ち上げ、世界からの情報を発信している)の4人に登壇していただきます。

 

WEB 開催の良いところは場所を選ばないことです。海外の薬剤師にも登壇してもらえること、これも新しい生活様式(ニューノーマル)だと思います。

 

第2部では、新しい生活様式を模索する中で、もともと第7回コミュニティファーマシーフォーラム(リアル)に登壇をお願いしていた、MedPeer、Dr.JOY、KAKEHASHIの 3社ににそのまま登壇をお願いし、今後どのように ICT を活用し、新しい生活様式を作っていこうと考えているのかを語っていただきます。 それからこのコロナ禍の中でもコミュニティファーマシーとして、処方箋が減らなかった、地域貢献を行った、新たに患者を獲得したなどマスカット薬局、のぞみ薬局、薬局恵比寿ファーマシーの3薬局に語っていた だきます。

 

「もとに戻ることを考えるな、コロナと共存するための知恵を出そう」という視点でWEBフォーラムを開催いたします。

 

詳細とお申し込みはこちらから

 

 

© 2014 Japanese Association for Community Pharmacy , All right reserved